MASAKI BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 手打ちそば・うどん 刀屋@糀谷

<<   作成日時 : 2007/03/25 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


GOURMET 03/24/2007


■ そば屋 刀屋 ■






□ 刀屋
□ 糀谷(東京都大田区)
□ もりそば 570 YEN かき揚げ 110YEN


お彼岸ということで、糀谷の先祖の下へ
糀谷商店街を行く帰り道、小腹が空いた
商店街から路地を曲がったところから何やら古の雰囲気が漂ってくる
流れ出る空気に誘われ、歩みを進める

外からそば打ち場がガラス張りで見える店
門構えより職人の無骨さが感じられ、ふらっと入ってみた

中は奥にテーブル席、手前はカウンター席といううなぎの寝床のよう
厨房にはそば打ちスペースに大きな鍋、天ぷらを揚げるガス台、乱雑な様子
ご夫婦で切り盛りしている

初めての店ゆえ、とりあえず、もりそばを注文
おやじさんの仕事を見ながら出来上がりを待つ
すると、そばだけでは物足りないとの想いが頭をよぎる
ということで、追加でかき揚げを頼む
が、「そばと一緒に揚がるようにやっているんだ! 頼むなら、一緒にしてくれ!」
と、職人気質のおやじさんに怒られた

しかし、一見の若造ということで、優しいおかみさんが
「1枚だけ、少し遅れて食べる?」
と声を掛けて下さり、おやじさんを説得の上、揚げて下さった

すぐにそばが茹で上がり、頂く
そばは不恰好そのもの 手打ちで手切りと、同じ太さのモノが2つとない
そば粉の量が少ないようで、そばの味は薄い
そして、やたら食べ応えがある
食べ進めると病み付きになる旨さ!
つゆは科学的な味は感じられない素材の風味豊かな美味しさ
そばが薄味なので、つゆにしっかり絡ませて食らう

そのうち、おかみさんが天ぷらを揚げ終わり、コチラも頂く
玉ねぎ、ニンジンを薄く切り、薄く衣を纏わせ揚げたモノ
うどん粉の塊といったかき揚げではない
これが秀逸! 旨い!
衣も素材もサクサク感が強く、重くない軽い感じ 油も良いのだろう
口の中へ入れると溶けていく
これはなかなか出来ない業だ
軽いかき揚げゆえ、これならば2枚いける人もたくさんいるだろう

そんな旨さの流れに心地よく身をまかせていると
目の前でおやじさんが玉ねぎをトントンと心地よくとても薄く切ってゆく
まさに職人芸

最後は蕎麦湯で締める
僕は蕎麦湯だけでも頂く
それにより、そばの味がわかるというもの
コチラのそばらしく、蕎麦湯はトロトロしていて、味がない

ひょんなことからかなりの職人と出会えた
「美味しかったです」と言い席を立つと、厳しいおやじさんも「今後もよろしく」と、笑顔で見送ってくれた


■ 刀屋 ■
□ 東京都大田区萩中2−8−2
□ 京急・糀谷駅より、糀谷商店街をミスタードーナツの方へ進み、今川焼き屋の角を左折。すぐ
□ 火水木/11:30→15:00
  金土日/11:30→20:00
  月曜休

□ 糀谷商店街

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手打ちそば・うどん 刀屋@糀谷 MASAKI BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる